フラッシュ脱毛の施術をしよう

フラッシュ脱毛の原理

フラッシュ脱毛の原理

 

毛というのは、皮膚の最深部にある毛乳頭・毛母細胞によって生成されます。そして毛母細胞は血液によって送られてきた栄養分を基に毛を作り出します。そのため、たとえ毛を抜いてもこの毛母細胞が残っている限り再び毛は生えてくるのです。

 

フラッシュ脱毛というのは、キセノンランプという光をカメラのフラッシュのようにパッと照射します。この光は黒いものに反応しますので、黒くない皮膚表面は通過し、皮膚の中にある黒い毛根を刺激するのです。刺激というのは熱ということになります。熱を加えることにより毛乳頭と毛母細胞はタンパク変性を起こし、死滅してしまうのです。死滅することで髪を作り出す効果が無くなりますので、生えている毛は自然と抜け落ちていくのです。

 

ですが、しばらくすると新しい毛母細胞が成長をし始め毛を生成するようになります。ですが、一度毛母細胞が無くなった毛穴というのは徐々に小さくなっていきますので、生えてくる毛は以前の毛よりも細くなっています。それを1〜2ヶ月おきに5〜6回おこなうことで毛穴が目立たないほど小さくなっていくのです。それにより完全に脱毛が完成するという仕組みなのです。

 

ですが、これは個人差があり数年経過すると産毛や細い毛が生えてきたり、同じように太くなってくる人もいるようです。ですが、その間は毛が生えてきませんので、脱毛処理をする必要がまったくないのです。また毛穴が小さくなりますから、肌はツルツルすべすべになるのです。

フラッシュ脱毛の原理関連ページ

フラッシュ脱毛とは?
フラッシュ脱毛の施術をしようは、フラッシュ脱毛について説明しています。
痛みは?
フラッシュ脱毛の施術をしようは、フラッシュ脱毛について説明しています。
所要時間は?
フラッシュ脱毛の施術をしようは、フラッシュ脱毛について説明しています。
フラッシュ脱毛は家でも出来る?
フラッシュ脱毛の施術をしようは、フラッシュ脱毛について説明しています。
どこで施術出来る?
フラッシュ脱毛の施術をしようは、フラッシュ脱毛について説明しています。
1回の施術で完全脱毛出来る?
フラッシュ脱毛の施術をしようは、フラッシュ脱毛について説明しています。
施術するのに適した時期は?
フラッシュ脱毛の施術をしようは、フラッシュ脱毛について説明しています。
適していない時期は?
フラッシュ脱毛の施術をしようは、フラッシュ脱毛について説明しています。
施術後の注意点
フラッシュ脱毛の施術をしようは、フラッシュ脱毛について説明しています。
適した部位は?
フラッシュ脱毛の施術をしようは、フラッシュ脱毛について説明しています。
適さない部位は?
フラッシュ脱毛の施術をしようは、フラッシュ脱毛について説明しています。
費用はどれくらい?
フラッシュ脱毛の施術をしようは、フラッシュ脱毛について説明しています。