フラッシュ脱毛の施術をしよう

IPL脱毛

IPL脱毛

 

フラッシュ脱毛のようにエステティックサロンでおこなう光を利用した脱毛方法には【IPL脱毛】と呼ばれるものがあります。こちらのサロンではフラッシュ脱毛、もう一方ではIPL脱毛、いったいどこがどう違うの?と思う人も多いようです。ですが、このIPL脱毛というのは基本的な原理から言えば、黒い毛に反応する光を照射し、ムダ毛処理をするという方法ですので、フラッシュ脱毛と同じということになるのです。

 

IPL脱毛とは、Intense Pulse Light(インテンス・パルス・ライト)の略になり、光が一定の間隔をおいて点滅をするということなのです。フラッシュ脱毛もカメラのフラッシュのように一瞬の光を照射するということですので、この点でも同じものということになります。

 

IPL脱毛の光は、黒いメラニン色素にのみ反応しますので、黒くない肌は通過し、毛根部分の黒い毛にのみ刺激を与えるのです。この光を浴びた毛根は熱を帯びて毛乳頭や毛母細胞のタンパク質がダメージを受けてしまい、毛を生成することができなくなり脱毛してしまうのです。

 

肌は通過すると言っても照射しているのだから、少なからず悪影響を及ぼすだろうと思う人がいるようです。ですがIPL脱毛の光は380nm〜800nmの可視光線と呼ばれる光で、可視光線は肌を活性化してくれる効果があるのです。そのため肌への損傷がないというばかりか、逆に毛の無くなった毛穴を塞いでくれる効果があるので、施術後は毛穴の凸凹も無くなるためスベスベした肌を手に入れることができるのです。

 

ですが、IPL脱毛は、黒いメラニン色素に反応しますので、ほくろやシミができている部分の皮膚へ照射することができないのです。万が一照射すると、その部分が熱を帯びてしまいますのでやけどや痛み等がおこることがあります。

IPL脱毛関連ページ

プラズマ脱毛
フラッシュ脱毛の施術をしようは、フラッシュ脱毛について説明しています。